落とし穴 気を付けて

 

リボ払いの落とし穴

 

リボ(リボルビング)払いというのは、月々決められた一定額を支払う方法です。
毎月の支払額を抑えることができ、一定額なのでお金の管理がしやすいというのがメリットです。

 

負担が軽くて便利なように見えるのですが、実は、返済期間が長期化しやすいという落とし穴があるのです。

 

毎月の支払いが少ないということは、返し終わるまでの期間が長くなります。
その分支払う利息も多くなるわけですから、余計な利息を支払うことにもなりますね。

 

支払っている金額では負担が軽いと感じるようなら、なるべく追加返済をしましょう。
借金の返済は、苦労しないと終わらないと思っておくくらいがいいかもしれません。

 

 

 

おまとめローンの落とし穴

 

いくつかの会社から借りているお金を1社にまとめて返済を分かりやすくするのがおまとめローンです。
借り入れ額が大きくなるので金利が下がって、結果として返済が楽になることもあります

 

「毎月の返済額が減って楽になりますよ」というのがおまとめローンの宣伝文句です。
無事に審査に通り、前よりも金利が下がって、月々の支払いも楽になったらとてもうれしいですよね。

 

でも、なかには意外と知られていない落とし穴にはまってしまう人もいます。
代表的なのが「返済期間が伸びて総支払額が増えた」というものです。
月々の返済額ばかりに目をとられていると、最終的に支払う総額に気付かないで損してしまうことになりかねません。
充分気をつけましょう。

 

 

 

一番怖い?!落とし穴とは

 

驚き

カードローンの借り入れをATMでしている人は多いと思います。
最初はかなりの覚悟で申し込んだという人でも、自分の口座からお金を引き出している感覚になることがよくあります。
いつのまにか口座をひとつ開設したような錯覚にさえなるのです

 

返済の負担も軽いために、もうちょっともうちょっとと借り入れを繰り返し、気づいたら限度額いっぱいになっていたなんてことも。
そうなるとカードローンを増やしてを繰り返し多重債務に陥るのは簡単です

 

 

決して、借金をしているということを忘れてはいけないですね。