自己紹介

自己紹介

子供たちが独り立ちしたら、主人と二人でどんな生活になるんだろうと不安がありましたが、最初はやはりなかなか慣れませんでしたね。
主人は家にいるのが好きな人で、仕事が休みの時は、家で本を読んだり庭いじりをしていることが多いかったのですが、退職してからも、あまり外出せず、ちょっとうっとうしいというか…食事も三食作らないといけないので最初は大変でした。
でも、なんとか順応できるものですね。
主人は私より3つ年上の68歳なのですが、二人で生活できる時間ももうそう長くはないのだから、この時間を大切にしようと考えを変えてからは、ずいぶん楽になりました

 

運営者

今は、夫の年金だけで暮らしているので、ぜいたくはできませんが、習い事をしたり、ときどき出無精の主人を説得して、二人で旅行にいったりなど、ささやかな楽しみもあります。

子育てに夢中になっていたときは、お互いのことがよく見えていなかったんだなということが今になって分かるときがあります。
「この人、こういうところがあるんだ」って初めて気づくこともありますね、いい意味でも悪い意味でも。
まあ、むこうも私の意外な面をみて驚いているでょうからお互い様ですが。

 

3人の子供たちもそれぞれ自分の家庭を持って何とかうまくやっているようですし、孫を連れてときどき遊びに来てくれるので、ありがたいことです。
これからの生活をどんなふうに楽しんでいこうかといろいろ考えていることを書いていきたいと思っています。